空手資料

稽古等に必要な防具

 空手の稽古には空手着が必須ですが、それ以外に必要なもの、防具(サポーター)について記載します。
 自分が最初に入門した当時(S55年頃)は防具そのものが無く、常に素手・素足の、まさに「空の手」での稽古であり組手でした。それゆえ怪我も多く、空手着に血が付かない日が無いのが普通で、今ではとても考えられない時代でした。現在では色々な防具が考案され、普段の稽古ではより安全に、受け返しや組手が出来るようになり、組手技術の向上にも寄与してきたと言えます。
 入門してから本格的に稽古に参加するようになると、基本的に次の1.2.を用意してもらいます。

1.拳サポーター又はグローブ
 1)拳サポーター(写真右)
 初心者や少年部に向いています。グローブより正拳が握りやすいですが、耐久性は劣ります。価格は比較的安く1,000円〜2,000円程。
 2)グローブ(写真中央)
 慣れてきたらグローブも良いでしょう。激しめの組手の際に、親指等自分の手の保護、相手の怪我防止に役立ちます。価格は2,000円位から。
 3)オープンフィンガーグローブ(写真左)
 指に自由度が有り、捌きや掛けができます。自由なゆえに指を痛める可能性も多少あるので、上級者向けです(しっかり正拳を握って使用すれば初・中級者でも問題ありません。)価格は3,000円位から。
20100331b1

2.脛サポーター(プロテクター)
 布製のものが一番多く使われており、ウエイト制大会での使用は布製に限定されています。履くタイプとマジックテープ式(写真手前側)のものがあります。価格は2,000円位が定番で、5,000円位まで。
  ビニロン帆布製(写真奥側)耐久性が高く汗が拭き取りやすいですが、ウエイト制大会では使用できません。価格は4,000円位から。
20100331b2

3.ヘッドギアとファールカップ
 任意で用意してもらうものです。
 1)ヘッドギア(写真右)
 ウエイト制大会で着用しますが、大会時は道場で用意したものを使用します。稽古でも通常は道場に有るものを使いますが、希望者は購入しても良いと思います。価格は、写真のものは3,000円位です。
 2)ファールカップ(写真左)
 組手の大会に出場する時はファールカップが必須なので、出場までに用意してもらいます。
 写真のものは定番のもので1,600円です。ブリーフ、スパッツタイプもあり5,000円前後。(参考:ウエイト制大会で当日用意する物はこちら
20100331b3

 その他、マウスピース(大会では任意使用可)や、ローキックサポータ等があります。
 女性用としてファールカップの替わりに、カップシールド(胸をガードするもの)とアンダーガード(女性用ファールカップ)等があります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

空手着の着方と帯の結び方

 空手着の着方と帯の結び方(帯の締め方)を説明します。帯の結び方にも色々ありますが、極真やフルコンタクト系で主に行われている帯の結び方(帯の端を上から下に垂らす形)の一例を紹介します。黒帯では帯の名前等の刺繍が表側にくる結び方です。色帯・白帯でも同様の結び方で良いでしょう。
 説明の都合上、帯の織りマーク(極真マークラベル、黒帯では名前刺繍も入る)側を「A側」、反対側を「B側」とし、織りマークが有る面を「表面」、裏を「裏面」として説明します。

1.まず空手着のズボンを履きます。股上が深いので足を動きやすくする為に出来るだけ上に上げて履き、前ひもをズボン中央の輪を通しながら蝶々結びでしっかり結びます。(上衣から前ひもが出ないように均等に調整します。)2010022801

2.上衣を着て、右手側を内側にし左手側をかぶせてしめます。手を持ち替えて右手で前を抑えながら、帯の中央を左手で持ちます。その時に帯のA側・表面が左・外側に来るようにして持ちます。
2010022802


2010022803

3.左手に持った帯の中央裏面を下腹に当て、帯の両側を背中側に回し、背中中央で交差させて前に持ってきます。
2010022804

2010022805

4.左手側から来たB側を先に右手側に持ってきます。右手側から来たA側をかぶせるように左手側に持ってくると同時に、下からお腹側にぐるっとくぐらせ(重なった2枚の帯の一番お腹側を通して)上に持ってきます。そして帯の両端を持って帯を軽く締め、帯の両端の長さを均等に揃えます。
2010022806

5.B側の裏面とA側の裏面を重ね合わせて、出来た輪に、A側を下から上にぐるっと通します。
2010022807

2010022808

6.そのまま帯の両端を持ってキリッと締め、帯の長さが均等か確認し、上衣を整えて完了です。
2010022809

※言葉で言うと中々分かりづらいので、写真を良く見てやってみてください。わからない時は道場で聞いてもらえれば、実際にやって説明します。(ちなみに項番4以降を左右反対に行う結び方もあります。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

空手着とそのたたみ方

 空手の稽古、試合、演武の時には空手着(道衣)を着用します。空手を学ぶ者は血と汗と、たくさんの思い出が染み込む空手着を、大切に扱わなければなりません。稽古でも汗びっしょりになるのが普通ですから、その都度しっかり洗濯し清潔に保つのが礼儀の一つでもあります。特に夏場は、稽古が終わったらすぐに洗濯しないと黒カビ・赤カビの原因になるので気を付けてください(黒カビは一度付くと中々落ちません)。清潔にさえしていれば、やぶれたりした部分はつぎはぎして問題ありません。大切に長く使いましょう。
 空手家は空手着を正しくたたんで身を引き締めるといいます。稽古に行く前に道着をたたみながら稽古に臨む気持ちを引き締める。稽古後は、道着をたたみながら稽古の充実感をかみしめて、稽古内容を振り返りつつ心を落ち着かせる。是非実践してみてください。空手着をコンパクトにきれいに持ち運べるというメリット(本来の目的ですが)もあります。
 ここに空手着の正しいたたみ方(入門当時に教わったもので、各種極真空手教本にも載っています。)を簡単に紹介します。

1.空手着は上衣、ズボン(下衣)、帯の3点からなります。まず正座をして自分の膝の前に置きます。膝立ちになって、上衣を下の写真のように広げてよくシワを伸ばし、ズボンは左右を合わせて上下を半分に折ります。
Dsc00701

2.上衣の中央少し上にズボンを置きます。
 写真では折ったズボンの折り目側が下になっています(秘伝極真空手より)が、上にするたたみ方もあります(マス・大山空手スクール教本より)。
Dsc00702

3.向かって左側(右袖と胴部分)をズボンの幅に折り、更に袖をズボンの幅に折り返します。
Dsc00704

4.右側(左袖と胴部分)も同様に折ります。
Dsc00705

5.上衣の下の方から3回折りたたみます。
Dsc00706

Dsc00707

(たたみ完了)
Dsc00708

6.帯を中央に巻き付けて結ぶ。(稽古後は空手着が濡れている事もあり、自分は帯で結ぶのを省略しています。)
Dsc00709

| | コメント (2) | トラックバック (0)

型の大会での注意点

 型の大会に出場するに当たり各道場の責任者から説明があると思いますが、何点か注意点(H21年時点)を記載してみます。

 1.帯は申込時点の帯を締める
 まず服装から、帯は大会申込時点の帯を締めます。最近黄帯に昇級した少年部は、申込時点は青帯ですので忘れないように気をつけてください。

 2.選手受付は責任者まで
 今回の選手受付は各所属道場の責任者が確認することになりましたので、出場選手は朝会場に到着したら、AM8:30までに正・副責任者のところに集まってください。(大会の各係の人はAM8:00集合です。)

 3.試合コートを把握する
 出場選手には大会パンフレットが配られます。その始めのページに、各コートごとの試合内容が記載されていますので、自分の出場するコート、何番目かを把握してください。そして集合の号令がかかったらすぐ集合できるように近くに待機してください。クラスごとの対戦選手が全員揃ってから試合が開始されますので、○○はどこ行った!とならないようにお願いします。少年部はご父兄のご協力をお願いします。開会式がAM9:00から、試合はすぐAM9:30から開始されます。まず個人戦1・2回戦から始まり、団体1・2回戦、個人戦準々決勝・準決勝・・・と続きます。

 4.昼食の用意
 PM4:00から閉会式の予定と一日かかりの為、昼食が必要です。通常だと約1時間ほどのお昼休み(訂正:型の大会は試合数が多いのでかなり短く、今回は20分でした。)があり、お弁当は販売される事もありますが、すぐ無くなってしまうので、お弁当を持参した方が良いと思います。午後の試合に残っている人は、あまりお昼をがっつり食べ過ぎないように気をつけましょう。

 5.試合
 コートに足を踏み入れた時から試合は始まっています。不動立ち等きちんとした態度でのぞみ下記の点に気をつけて演武してください。
 1)呼ばれた時に大きな声で押忍!と返事をする。
 2)対戦前の礼(正面・主審・対戦相手に)をしっかりする。
 3)演武を始める時に「始めてください」と言われない時もある。自分のタイミングで演武を開始する。
 4)大きな声で型の名前を言う。
 5)間違ったと思っても途中で止まらず最後までやり通す。
 6)気合いを忘れずに、大きな声でエイ!と入れる。

 基本的に減点方式なので間違いの無いように演じ、型の三要素を意識します。
 型を中断してやり直した場合大きな減点になります(以前は判定負けでした)。型の途中で数秒停止、型の名前を間違えた場合もその次に大きな減点です。ありがちな気合いを入れ忘れたり、技を抜かした場合も相応の原点となります。

 以上、大体の注意点を上げてみました。
 選手の皆さん!気合いを入れて頑張って行きましょう!
 押忍!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演武で大切な事2

 こないだのウエイト制大会の雑談で、U師範代におもしろい事を教えて頂きました。それは「演武には玄人受けするものと素人受けするものがあり、見せる(素人受けする)演武にはコツがある。仮面ライダー等のアクション・演技を仕事にしている人から聞いた話だが、空手の上級者の突き蹴りは早すぎて普通の人には見えないので何だか分からない。素早い動作に見せる為には、例えば倒した相手への下段突き(残心の構えをとるとも言います)をする時には、突き手をゆっくり突き、素早く引き戻すと、誰から見てを素早い動きに見える。」のだそうです。一つ勉強になりました。参考までに。
 勿論、演武は、技を磨く、何度も練習する、呼吸を合わせる、躊躇せず思い切って演武するという事が大切なのは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演武で大切な事

 こないだのウエイト制大会で組手演武を行いましたが、H下運営委員長から大切な事を改めて教えて頂きました。それは、組手等相手と対面する演武を行う場合は、絶対に相手から視線を外してはならないという事です。組手試合中はもちろん相手から視線を外してはいけませんが、演武も同様です。自分は世界大会に出場した女子と組手演武を行い技を決められる方でしたが、決められた時に視線を外してしまいました。指摘されてから、アッそうだった!と気が付きました。基本的なこういうところで演武の出来に差が出てきます。反省です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエイト制交流大会の当日用意する物

 ウエイト制交流大会が近いので、大会に出場する選手が当日用意する大体の物(持ち物)を記載してみます。必ずと言っていいほど忘れ物をする人がいますので、選手の皆さんは、出かける前に(前日の夜に大半を用意した方が良い)良く確認してから出かけましょう。通常の稽古に持っていく物+αです。

<大会当日用意するもの>

1.空手着(ゼッケン付き)
 必ず配布されたゼッケンを背中に付けます。針と糸で四隅等を縫い付けるのが基本です。併せて両面テープを使うと綺麗に付けられます。

2.帯
 うっかり忘れないように。(余談ですが型の交流大会の時は、申込時点の級帯を締めるのが基本です。)

3.脛サポーター
 布製の標準的なものとし、合成樹脂、ビニールレザー等ハードタイプは不可です。

4.ファールカップ
 金的サポータとも言います。規定はありませんがイサミ製等の標準的なものを、空手着ズボンの必ず中に付けます。
 女性の方はファールカップの替わりに、カップシールド(胸をガードするもの)とアンダーガード(女性用ファールカップ)を着用します。
 他に保護用品としてマウスピースがあり、使用は任意です。歯の保護と脳震盪を防ぐ効果がありますので、安全性を高めたい場合は用意してください。

5.上着(ジャージ・ウインドブレーカー等)
 試合合間の体を冷やさない為に、ジャージやウインドブレーカー等の上着が有った方が良いと思います。

6.タオル
 汗拭き用に普通のタオルより少し大きめのスポーツタオルと、冷やしたり冷却材を縛るのに普通のタオルを持っていくと良いでしょう。

7.飲食物(ゼリー・飲み物・昼食)
 トーナメントの大会では、勝ち上がって行くと一日に何試合も戦うので、試合の合間にゼリーでエネルギーを素早く補給するのが胃に負担をかけず、おすすめです。人にもよるのかもしれませんが、まだ試合が有るのに昼食をガッツリ食べるのは、動きが鈍くなると思うのでおすすめしません。軽いものか、自分の試合が全て終わってから食べた方が良いと思います。ガッツリ食べなきゃパワーが出ないという方は別です。勿論午後の試合(準決勝又は決勝戦)まで残っていればの話ですが。
 飲みなれた飲み物(稽古に持参しているもの等)も持参した方が良いでしょう。

 大体以上のものを用意します。あとは打撲等の為に冷却パックや氷、冷却スプレー、シップ等を持っていけばベストです。
 そして一番大切な、戦う、極真魂を持って行きましょう!
 押忍!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【構え】

1.自由組手の構え

 自由組手の構えでは、約束組手等で使った立ち方は殆ど用いない。約束組手や基本稽古で使った立ち方は、あくまで練習用の立ち方であり、ひとつは丹田の力を養うため、ひとつは体のバランスを保って練習するための立ち方である。スタンスは、実戦では思い切り狭くし、肩幅の広さ程度にする。しかし、これ以上狭くすると足がもつれたり、安定を欠いたりするので注意する事。又、足を横に並べて立たないようにする事も実戦の構えのコツである。
 稽古の中では「組手の構え」(両手に正拳を握り上段に構え、左手を少し前に出し、右手を顔面右側を防御する様に立てておく。立ち方は「猫足立ち」「後屈立ち」「双足立ち」又はその複合等を用いる。)が多く使われている。


2.主な構え

  1)双手の構え(もろてのかまえ)
  2)円心の構え(えんしんのかまえ)
  3)前羽の構え(まえはねのかまえ)
  4)龍変の構え(りゅうへんのかまえ)
  5)尾鱗の構え(びりんのかまえ)

※その他、天の構え(上段の構え)、宇の構え(中段の構え)、地の構え(下段の構え)に分かれ、多種多様な構えがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【基本技 受け】

1.正しい受け方

 空手の受けの特徴は、理想的に受ければ相手の体勢を崩してしまえる点にある。「攻撃は最大の防御なり」とはよく言われる言葉だが、空手の場合は「良い防御は最大の攻撃なり」とも言い換えられる。また、良い受けは、同時に次の攻撃を容易にする。
 良い受けのコツは円運動で相手の攻撃をやり過ごすことである。攻撃を正面からまともに受けると自分の体勢をくずしたり、打撃を受けた腕や足を痛める事がある。円を描いて受けることによって、相手の力をそらし、相手の重心を狂わせ、バランスを失わせ、受けを攻撃に生かすのが良い受けといえる。また、一歩進んで受ける事も、実戦の受けのコツである。
 受けでは足の運びがことに大切であり、身体そのものも、腰を中心として円運動させる。相手の攻撃は球の上に乗った球のように、滑り落ち転がり落ちるのである。


2.主な受け技

  1)正拳上段受け(せいけんじょうだんうけ)
  2)正拳中段外受け(せいけんちゅうだんそとうけ)
  3)正拳中段内受け(せいけんちゅうだんうちうけ)
  4)正拳下段払い(せいけんげだんばらい)
  5)正拳中段内受け下段払い(せいけんちゅうだんうちうけげだんばらい)

  6)手刀上段受け(しゅとうじょうだんうけ)
  7)手刀中段外受け(しゅとうちゅうだんそとうけ)
  8)背刀中段内受け(はいとうちゅうだんうちうけ)
  9)手刀中段内受け(しゅとうちゅうだんうちうけ)
 10)手刀下段払い(しゅとうげだんばらい)
 11)掌底上段受け(しょうていじょうだんうけ)
 12)掌底中段外受け(しょうていちゅうだんそとうけ)
 13)掌底下段払い(しょうていげだんばらい)
 14)正拳上段十字受け(せいけんじょうだんじゅうじうけ)
 15)正拳中段十字受け(せいけんじょうだんじゅうじうけ)
 16)正拳下段十字受け(せいけんげだんじゅうじうけ)
 17)手刀上段十字受け(しゅとうじょうだんじゅうじうけ)
 18)手刀中段十字受け(しゅとうちゅうだんじゅじうけ)
 19)手刀下段十字受け(しゅとうげだんじゅうじうけ)
 20)弧拳受け(こけんうけ)
 21)双手受け(もろてうけ)
 22)膝受け(ひざうけ)
 23)底足外受け(ていそくそとうけ)
 24)舵受け(かじうけ)
 25)脛受け(すねうけ)

※その他、回し受け等があります。

続きを読む "【基本技 受け】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【基本技 蹴り】

1.正しい蹴り方

 蹴り技の場合、最も注意すべき事は、蹴った時の手を腰、帯のあたりに引きつけることである。手が上にあがったり左右に泳いでは、蹴りの力は抜けてしまう。また、両手はしっかり正拳を握る事。突き・打ちの時と同様、目はいつも相手の顔面あたりにつけ、空蹴りの場合も顔のあたりをみて、顎を引きつける。
 腰、膝、足首のバネが蹴りの効果を左右するので、各関節のはずみに十分気をつけて蹴りにスピードをつける。破壊力はスピードの二乗に比例するから、突き、蹴りにかかわらずスピードは技の生命である。横蹴りの足刀、回し蹴りの中足、金蹴りの背足など、敵に当たるところに当たる瞬間、力をこめるようにする。又、当たった瞬間に技が伸びきるように注意する事。丹田に力を入れ腰を安定させる事も、突き・打ちの時とまったく同じである。


2.主な蹴り技

  1)前蹴上げ(まえけあげ)
  2)内廻し(うちまわし)
  3)外廻し(そとまわし)
  4)膝蹴り(ひざげり)
  5)金蹴り(きんけり)
  6)前蹴り(まえげり)
  7)横蹴上げ(よこけあげ)
  8)関節蹴り(かんせつげり)
  9)横蹴り(よこげり)
 10)後ろ蹴り(うしろげり)
 11)廻し蹴り(まわしげり)

 12)後ろ廻し蹴り(うしろまわしげり)
 13)掛け蹴り(かけげり)
 14)廻し首蹴り(まわしくびげり)
 15)かかと蹴り(かかとげり)
 16)飛び蹴り(とびげり)

※その他、かかと落とし、二段蹴り等があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)