« H22年2月27日稽古 | トップページ | チヂミ »

空手着の着方と帯の結び方

 空手着の着方と帯の結び方(帯の締め方)を説明します。帯の結び方にも色々ありますが、極真やフルコンタクト系で主に行われている帯の結び方(帯の端を上から下に垂らす形)の一例を紹介します。黒帯では帯の名前等の刺繍が表側にくる結び方です。色帯・白帯でも同様の結び方で良いでしょう。
 説明の都合上、帯の織りマーク(極真マークラベル、黒帯では名前刺繍も入る)側を「A側」、反対側を「B側」とし、織りマークが有る面を「表面」、裏を「裏面」として説明します。

1.まず空手着のズボンを履きます。股上が深いので足を動きやすくする為に出来るだけ上に上げて履き、前ひもをズボン中央の輪を通しながら蝶々結びでしっかり結びます。(上衣から前ひもが出ないように均等に調整します。)2010022801

2.上衣を着て、右手側を内側にし左手側をかぶせてしめます。手を持ち替えて右手で前を抑えながら、帯の中央を左手で持ちます。その時に帯のA側・表面が左・外側に来るようにして持ちます。
2010022802


2010022803

3.左手に持った帯の中央裏面を下腹に当て、帯の両側を背中側に回し、背中中央で交差させて前に持ってきます。
2010022804

2010022805

4.左手側から来たB側を先に右手側に持ってきます。右手側から来たA側をかぶせるように左手側に持ってくると同時に、下からお腹側にぐるっとくぐらせ(重なった2枚の帯の一番お腹側を通して)上に持ってきます。そして帯の両端を持って帯を軽く締め、帯の両端の長さを均等に揃えます。
2010022806

5.B側の裏面とA側の裏面を重ね合わせて、出来た輪に、A側を下から上にぐるっと通します。
2010022807

2010022808

6.そのまま帯の両端を持ってキリッと締め、帯の長さが均等か確認し、上衣を整えて完了です。
2010022809

※言葉で言うと中々分かりづらいので、写真を良く見てやってみてください。わからない時は道場で聞いてもらえれば、実際にやって説明します。(ちなみに項番4以降を左右反対に行う結び方もあります。)

|

« H22年2月27日稽古 | トップページ | チヂミ »

空手資料」カテゴリの記事

コメント

参考になりました
ありがとうございます

投稿: ヒロ | 2016年9月18日 (日) 11時43分

ヒロ様

コメントありがとうございます。
お役に立てて幸いです。

投稿: kura | 2016年9月18日 (日) 12時17分

参考になりました

投稿: mink | 2019年8月17日 (土) 19時12分

mink様
コメントありがとうございます。

投稿: kura | 2019年8月23日 (金) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空手着の着方と帯の結び方:

« H22年2月27日稽古 | トップページ | チヂミ »